2012年10月28日日曜日

動くときが来たら 勝手に動くんだ



昨日の朝 妙に早く起きてしまった

2時頃トイレに起きたとき
だんなさんが私に一言話しかけた

その一言が 今一番気になってることだったので
そのあとずっと 頭をぐるぐる回り始めて
眠れなくなった

そのあとだんなさんが布団に入って またその話をしていたら
どんどん話が盛り上がってきて
いつも話さないようなこと
楽しくてたくさんたくさん話し込んだ

そうしていたら 外が明るくなってきたのだ




そのうちだんなさんは力尽きて 眠りに落ちた

私は9時半から寝ていたし
いつもパンを焼くときは 4時くらいに起きるので
いつもの感じで お休みの今日 何をしようかな〜と
わくわくしだして起きてしまった

そしたらね 外は霜が降りて 真っ白だったのだ




アスパラの細い葉っぱ全部 霜に縁取られて



 

紅葉した葉っぱも キラキラに包まれて




霜に縁取られたその風景は
朝陽に照らされて 光っていたのだ


そしてそのまま 私に観えてくるのは
いつもと違う風景ばかりの一日となったのだった

ただ それだけ
いつもと違うだけのこと


2 件のコメント:

ゆきごん さんのコメント...

2人で生きるっていうの、憧れます。
今度生れたら大好きな人と2人で生きていきたいなぁ、、、と思ったのでした。
私は欲望と感情の塊のような人で、宮本さん夫婦のようにシンプルには生きてこなかったけど、、、お二人の空気感、すごく好きです。
いくつか読ませていただきましたがこのお話がすごく好きです。

ramacipan さんのコメント...

ゆきごんさま



素敵なメッセージ ありがとうございます☆

私の書いた文章を ゆきごんさんは
そのまんま まっすぐに受け取ってくださったから
そういう風に感じてくださったのかなと思います。

それは ゆきごんさんが
まっすぐな方だからだろうなあと感じました。


言葉の受け取り方は ひとそれぞれですね。
私は ブログに文章を書くのが
いつも ちょっとこわいけど
ゆきごんさんみたいに受け取ってもらえたら
ありがたいなあ 幸せだなあ と思います。

お気持ちを伝えてくださって
本当にありがとうございました!


みほ